1. TOP
  2. ライター紹介

ライター紹介

吉田雅人

■これまでの歩み
自分自身がテニス選手の道を人生かけて進んだが8年間、身体の故障に悩まされて23歳のときに人生を諦めかけていた。

頑張れば頑張るほどうまくいかない、どんどんテニスができない身体になる。
こんな状態が続く。

そんなときに先輩コーチとの出会いがきっかけで、武術・武道・整体などの年齢を重ねるごとに向上し続ける身体の使い方を学び、右肩・右手首・右膝・左足首の故障が解消する。

自分自身の身体の可能性に気づき、周りの人にも可能性を感じることができるようになる。

その手法を取り入れることで周りの方の可能性を引き出すことに成功。

以後は、身体を通じてその人の持っている能力を最大限引き出すことを生きがいとして活動する。

■指導実績
プロ野球選手
プロテニスプレーヤー
車いすテニス日本代表選手
競輪選手
クラシックバレエ教室

■施術
10代から90代まで

■その他
法政大学非常勤講師

■目的
年齢・性別・体格に関係なく、その人本来持っている能力をその場で引き出すワークを通じて、自分の可能性・人の可能生を最大限発揮融合させられる世の中づくりに貢献する。

■目標
◯2020年の東京オリンピックで力に頼らないアスリートを輩出して、年齢を重ねるごとに向上していくのが当たり前のスポーツ界にする。
◯生涯現役の人を増やし、介護の要らない世の中をつくる。
◯身体からのアプローチで、その人本来の能力を発揮させることにより、
生きがいを感じ、年齢を積み上がるほどに技術・人間力が高まる人間で地球を満たす。

上記を達成することにより、
母のように病気で苦しむことがない世の中にする。

この人が書いた記事

  • スポーツの左右の力の流れの違いについて

  • スポーツにおいて身体は左右非対称

  • 効率的にトレーニングする

  • 自分に合わないトレーニングを見つける方法

  • そのトレーニングはプラスになってますか?

  • スポーツの力みの原因(脳と筋肉の関係)

  • スポーツ選手の衰えの原因

  • スポーツの選手生命が伸びる?

  • コツをつかむために必要なこと

  • はじめに